読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別冊みたいもん!

本家ブログでは垂れ流しにくい、マンガ日記・ミイルご飯日記・ブログについて

【マンガ読んだ】カタリベ / 石川雅之

マンガ読んだ

実は、もやしもんは面白いとは思ったもの、なんとなくのりきれなかったんです。それと比較すると、純血のマリアはもうド直球。

純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)

純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)

純潔のマリア(2) (アフタヌーンKC)

純潔のマリア(2) (アフタヌーンKC)

純潔のマリア(2)限定版 (KCピース)

純潔のマリア(2)限定版 (KCピース)

この違いってなんなんだろうとずっと思っていたのですが、このカタリベを読んで、少し答えが得られたかも。

この人は、歴史の裏側。それも人は、どこまでも感情の動物であるところから、あえて離れようとしません。その姿勢からすると、もやしもんのテーマとはいうのは、変化球にならざるを得ないんですよね。

そして、カタリベのような歴史物を読むと、この石川雅之という作家は、ホントにいろいろなことを調べていることがわかります。歴史物というジャンル分けには、ほとんど意味がないのですが、歴史物の方が、そのすごさをよく知ることはできるようにも思います。