読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別冊みたいもん!

本家ブログでは垂れ流しにくい、マンガ日記・ミイルご飯日記・ブログについて

【マンガ読んだ】冬の終わり、青の匂い / 百名哲

ずっと気になっていたものの、表紙にひっかかるものがあって、1年以上放置していた。うーん、やっぱり読むかあと思って購入、すぐに読んだ。それから、もう3回は読んでます。

短篇集なので、出来不出来にばらつきはあるものの、いずれも作家の才能を確認するには、十分すぎるクオリティ。中でも「桜の頃」は、ラストシーンになだれ込んでいく様が、とてもすばらしく、最後の一コマで、この話の謎が解ける構造になっています。

こういう未知の作家が、まだまだいるから、ホントにマンガを読むのはやめられないのですよね。

冬の終わり、青の匂い (ビームコミックス) (BEAM COMIX)

冬の終わり、青の匂い (ビームコミックス) (BEAM COMIX)